読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会堂建築日誌

日本基督教団都城城南教会(宮崎県)の牧師館・集会室建築、会堂増改築工事の進捗状況の記録です。

6/28(火)会堂改築着々と

新しくなるために壊す

f:id:johnan1887:20160629100252j:plain

新築建物の完成と前後して、会堂改築部分の「解体」が進んでおりました。そして、解体作業はほぼ終了。いよいよ「造りこんでいく」段階へと移行していきます。

 

先日ある集会で「新しくなるためには、古いものを壊さねばならない」とのメッセージを聞きました。そして、その「壊す」という作業がとても難儀なものだ、とも。

 

会堂建築、とくに既存建物を活かした「改築」というものと取り組む中で、同じようなことを感じました。大工さんたちが本当に丁寧に解体作業を行って下さり、何が使えるのか、何が使えないのか。どこがダメでどこが活かせるのか、慎重に判断してくださっています。

 

新たにコンクリートを流し込む

f:id:johnan1887:20160629100600j:plain

改築前の会堂床下は土でした。これが湿気の温床となっていたのです。ここにコンクリートを流し込みます。ミキサー車からポンプ車へ。ポンプ車から会堂内へ。

f:id:johnan1887:20160629101004j:plain

f:id:johnan1887:20160629101311j:plain

f:id:johnan1887:20160629101640j:plain

きれいに仕上げていただきました。

 

ここからは新築工事同じ手順のようです

f:id:johnan1887:20160629102301j:plain

現在は床に断熱材が敷きこまれ、その上に下地ボードが貼られています。大雨の中ですが、着々と進んでおります。心から感謝いたします。